亀頭オナニーが早漏克服のトレーニング方法にも

仮性包茎でカリが露出していない男性は特に亀頭オナニーをする方法によって早漏を克服したり予防するためのトレーニングにも繋がります。

当然のことながら、ペニス増大サプリメントを使用しなくても自慰をすることで、男性器を成長させることも可能になるのです。

亀頭オナニーをすることによって、挿入した際に女性の膣内の柔らかい刺激やカウパー液のヌルヌルが気持ちよすぎて、あっと言う間に我慢汁だけでなく射精してしまうのをコントロールできるようになります。

通常の自慰の仕方とはやり方が異なりますので、これまでに男性で亀頭オナニーという方法を経験したことがないのであれば、覚えて試してみる価値があるでしょう。

我慢汁やローションのヌルヌルを使用した亀頭オナニーのやり方

ペペローション

まず最初に亀頭オナニーをする際に確実に用意しておきたいのが、潤滑ローションです。

ネット通販でもペニス増大サプリメント同様に販売していますし、ローションだけなら薬局のチェーン店やドラッグストアでもこれは手に入れることができます。

また、コンドームを箱で買うとローションがオマケで付属してくることもありますので、バレたくない男性はそういった購入も考えてみても良いでしょう。

動画で登場する亀頭オナニー方法は我慢汁のヌルヌルが大量に出る男性にもおすすめです。

どうしても用意できない場合は何度か、自慰を途中で辞めたり、射精をストップして我慢汁が沢山の状態にする事や唾液を垂らしたりする事で代用はできます。

しかし、それだけでは気持ちよさがローションがあるのとないのとでは天と地の差と言っていいほど異なります。

亀頭オナニーの方法は我慢汁とローションの組み合わせのヌルヌルで

手のひらで擦る亀頭攻めの刺激を楽しむために

どうしても通常のシコシコするタイプの皮オナニーでないとイケないという男性は亀頭のみを刺激するアイテムを使用してみるのも一つの方法です。

カリ部分だけを多い被せてバイブレーターの振動を与えます。

その間は自分のペニスには一切、手を触れないように耐えるようにしましょう。

ずっと我慢し続けた結果、やっと亀頭オナニーの気持ちよさが待っています。

刺激でくすぐったいと言う状態を超えなければ、その先のレベルの快感には開発したどり着けないのです。

亀頭への刺激だけで射精も可能になれる

途中で諦めてしまう男性のほとんどが皮を握ってシコシコするやり方と亀頭オナニーを比較してしまっていることに主な原因があります。

はっきりいって、同じマスターベーションでも別物と考えなくてはいけません。

少しでも刺激が気持ちよくなってくると、早く射精をしたくて我慢できなくなり、通常通りの自慰に戻してしまうのです。

それでは本当の成功とは言えないのです。

一回も握ることなく、本当に手のひらでずっと擦る刺激だけのやり方でオーガズムに達し射精ができなくては亀頭オナニーでイクことが出来たとはいえません。

動画などを見ながら抜く際には、出来るだけ本番が始まるまでの前偽が長いものを選択しましょう。

その間にずっとローションを塗った手のひらで亀頭を擦り続けましょう。

竿オナニー派もしごくことなくイケる

最初は時間にして30分くらいは、耐えることから始めてみましょう。

透明なカウパー液が、出てきたらそれを塗って更にヌルヌルにして楽しみましょう。

指の間なども使って尿道を広げるように開発すべく刺激をします。

尿意が催しても辞めずに継続することが秘訣です。

時間を掛けて諦めずにカリに刺激をし続けましょう

やり方を間違えると亀頭オナニーで遅漏になる

ローションやガーゼなどを使用して亀頭を擦るオナニーを覚えてしまうと、その快感が強すぎて最早、女性とのセックスがあまり気持ちよくないという男性の声もあります。

更に、やり方を覚えて自分で潮吹きやドライオーガズムなどまで覚えてしまっては大変で、遅漏どころか膣内射精障害にまでなってしまうこともあります。

そういった意味でもいくら気持ちがいい方法である亀頭オナニーでも回数などを制限したり、力加減などがどんどん強くエスカレートしていかないようにしましょう。

最終的にマスターベーションでしか気持ちよくなれずに射精できない男性になってしまっては元も子もありません。

性行為よりも亀頭オナニーの方が気持ちが良い?

男性でも女性でも性行為よりも自分でするマスターベーションの方が気持ちが良いという声は多くあります。

その快感は一緒ではなく別物と考えられれば良いのですが、単純に比較してしまうと良くありません。

なぜなら、性行為では射精できない遅漏に、亀頭オナニーをし過ぎてしまう事でなり得てしまうからです。

好きな擦り方や力加減などはやはり一番知っているのはパートナーではなく自分自身です。

あまりに性行為と差が大きいとどうしても落差が出てしまい、女性とのセックスではイクことができなくなっている男性もかなり増加していますが、そのほとんどのオナニーのやり方が通常ではない亀頭を刺激するタイプだという口コミもあります。

亀頭を刺激するオナニーで増大もできる!?

慣れないと敏感で痛い亀頭オナニーを最後までするには

痛みや刺激が強すぎて、亀頭オナニーが最後までできない、イケない男性はかなり多くいます。

この方法は慣れるまでに時間が掛かりますし、最初は唾液や我慢汁だけでは量が少ないと擦れると痛かったりするので、どうしても集中できないこともあります。

それを考えると最初は面倒くさくてもローションを使用する事が良いでしょう。

最初は多めに塗ることで亀頭を手で擦って刺激してもなんとか耐えられるでしょう。

また、カウパー液や小便が出てしまうような感覚がありますが、その状態を超えると今までにないような感覚を得ることができます。

包茎は亀頭オナニーで気持ちよくなるまで時間が必要

ペニスの皮がまだ剥けていない包茎の男性は、皮を握って上下するオナニーの方法よりも亀頭を擦る方法が良いでしょう。

どうしても前者では皮が伸びてしまいますし、通常時に被ってしまった状態から勃起時に向けると亀頭の部分の海綿体が敏感になり過ぎて早漏になってしまう傾向もあります。

男性は自分で剥いてシゴクのではなく先端を擦るオナニーの仕方で刺激に慣れることでペニスが増大することにも繋がります。

どうしてもカウパー液が出て気持ちが良くなるまでには初心者の男性は時間が掛かりますが、慣れてくるとサイズアップも可能なので一石二鳥です。

亀頭を刺激するオナニーで増大もできる!?

プロのエステティシャンも使う亀頭オナニーの技とは?

ガーゼ

前立腺の開発専門のマッサージやエステのお店でも女性が気持ちよくサービスしてくれるのが、亀頭オナニーと同じ方法による刺激になるのです。

大量のローションを使用して男性器の竿を握ってシゴクのではなく、勃起した亀頭部分をヘリコプターの様に開いた手の平やガーゼやパンストで擦るようにマッサージし続けます。

普段、ペニスを握って上下に動かして自慰をするのとは全く異なる気持ちが良い快感を得ることができます。

自宅で、自分で簡単に亀頭オナニーをする際はバスタオルなどを用意するか、お風呂場ですることをおすすめします。

その理由は我慢汁とローションがどっちが出ているかわからないくらいたっぷり使用して手の平で男性器の亀頭を円を書くようにカウパー液が出ても擦りつづけることで気持ちよくなれるからです。

最初はくすぐったかったり、特に包茎の男性にとっては刺激があり過ぎて、かなり刺激が亀頭オナニーの方法は強すぎるかもしれません。

ペニス増大サプリメントを服用している場合はローションで外部からもアクションする事でより効果を期待できるのではないでしょうか。

亀頭オナニーで潮吹きも自分で可能に開発できる

ホワイトボーイ

自分で亀頭オナニーで気持ちよくなる方法として重要なのは、慣れることと何回もチャレンジして射精する事です。

男性器を握ってしごく以外の自慰のやり方を終えて、すぐに亀頭オナニーで二回目の連続して射精することも可能です。

一度、射精した精子と我慢汁をすぐにティッシュで掃除をせずに、そのまま男性器に塗りたくって自慰をします。

最初は、抵抗があるかも知れませんし、すぐに萎えてしまうかもしれません。

しかし、動画にあるような亀頭オナニーを覚える事でこの方法で男性が自分で潮吹きをすることも可能になるのです。

亀頭オナニーとマッサージで潮吹きを覚えると今までとは全く異なる快感の自慰がマスターできて、病み付きになってしまいます。

亀頭オナニーで潮吹きを覚えると辞めれない!?

イケるようになるまでには時間と忍耐力が必要

パンスト

男性の中には、何度か亀頭オナニーにチャレンジしているけれど、どうしてもイクことができないという声はかなり多くあります。

最終的には、結局は普段通りにペニスを握って上下するタイプの方法に戻してしまっているというパターンです。

はっきりいって、亀頭オナニーで気持ちよくなってイケるようになるには慣れと技術だけでなく、くすぐったくても我慢する忍耐力と時間が必要です。

普段どれくらいの時間をマスターベーションに割いているかは人それぞれですが、このやり方では10分以上もしくは20分くらい射精まで掛かる方もいますし、中には一時間位ずっと擦り続けているというやり方もあります。

一つだけ共通しているのは、カウパー液だけでなく尿が漏れてしまうそうなくらいの快感や刺激がある状態をずっと亀頭オナニーでは維持し続けることです。

それによって一度でも、イク感覚が理解できたら、後はどんどん技術もレベルアップしていきます。

慣れてくれば、自分で男性が潮吹きをすることも不可能ではありません。

そうなることによって、今までとは異なる自慰による快感を得ることができます。

もちろん、これは女性との性行為とはまた異なるものです。

途中で諦めてしまわないで、亀頭オナニーを最後まで続けることによって新たな扉が開けるのです。

耐え抜いた先に今までにない快感があります

パンストやガーゼを使って亀頭オナニーをする方法

パンスト

プロの女性が働くお店でもオプションとして使用されている方法がパンストやガーゼなどの柔らかい布で亀頭を擦る方法でオナニーでも同じことができます。

手の平や指の間で擦れるのとは異なる感触がパンストで得ることができます。

ただし、この亀頭オナニーの方法は確実にローションが必要不可欠であり、水や唾液もしくはカウパー液などでは痛いだけで気持ちよさはほとんどないでしょう。

そしてデメリットは特に男性の場合は、パンストなどを隠し持っておくわけにはいきませんし、洗って干して乾燥させるわけにもいきません。

一回きりで使い捨てにするにしては、費用が高くついてしまうのがネックとなるのではないでしょうか。

パンストでの亀頭オナニーは、ローションを使うので行う場所も限られてしまいます。

やり方とコツさえ覚えると手で自慰をするより何倍も気持ちいいという口コミもあります。

パンストを使用して亀頭オナニーをする方法

亀頭オナニーのやり過ぎで炎症や痒みに注意

ブラックロック

この動画でも人気の亀頭オナニーと言う方法は、手の平や指の間に陰茎の先端部分を擦りつけるため尿道からばい菌も入りやすいのがデメリットです。

傷がつきやすくて敏感な海綿体部分が炎症したり、赤みや痒みがでてしまうようならこの自慰のやり方はすぐに辞めるようにしましょう。

もちろん、完全に治るまでは中止して、我慢するようにしましょう。

また、我慢汁をずっと尿管に残してしまうのも良くないので、しっかりと亀頭オナニーの後は精子やカウパー液を出し切るようにしてやり過ぎには注意するようにしましょう。

尿道から亀頭オナニーで菌が入るデメリット

パッケージ

一つ亀頭オナニーを男性がする際に注意しなくてはいけないのは、最初に衛生面で徹底して手洗いと消毒を行うことです。

それができずに、男性器の尿道からローションが入ってしまったり、ペニスに雑菌が入ってしまうと痛みだけでなく痒みや炎症が起きてしまうことがあります。

いくら増大サプリメントを服用したり、トレーニングで大きくしようとしても、こういった不注意で逆効果になってしまっては意味がありません。

自分で辞められないくらい気持ちがいい方法の亀頭オナニーをする際は衛生面の管理と消毒をしっかりと行うようにしましょう。

慣れてくるとブラックロックなどのマッサージグッズもかなりおすすめです。

気持ちが良すぎる亀頭オナニーを覚えると危険?

ストップ

女性二人の画像

インタビュー画像

女性の四人の写真

男優の画像

このページの先頭へ