容姿や年収や学歴と同様に通常時のチンコの大きさで男は上下関係が決まる

男同士の格付けで通常時のペニスのサイズが小さいと負ける

既にある程度の年齢に達していたり、結婚していたりすると、通常時だけでなくチンコが小さいなんてもう関係ないと思っている男性は少なくないのではないでしょうか。

また、自分は膨張率がすごいから勃起時なら大きい自信があるという方も居るかもしれません。

確かに女性との性行為の際は、強力な武器になるかもしれません。

しかし、男性同士の格付けの時に比較されるのは通常時のチンコのサイズですから、小さければ負けることになり屈辱の敗北感を味わいます。

そして体験談からおかしな話ですが、イコールで器も小さいと判断されがちなのですし皮が剥けて亀頭が被っていれば、それも同様にマイナスの要因です。

イケメンでも金持ちよりもリスペクトを集めるのは昔から、とにかくチンコが大きい男性なのは間違いありませんし、それによる優越感には敵いません。

将来的なことを見れば、プラスな要素しかないのですから今の時点からペニス増大サプリメントなどで対策をするのも一つの口コミの方法です。

人生にとって通常時のチンコが小さいこともネガティブな要素に

女性二人の画像



勃起したら平均でも通常時の陰茎が小さい

説教

「別に、勃起した時に平均サイズあるんだから大丈夫」「おれ本当は膨張率が凄いから」なんて、いくら通常時にチンコが小さい人が説明したところで男性同士の間では体験談からすると無駄です。

逆に、言い訳がましくて更に格好悪い思いをしてしまいます。

仮に、本当に通常時は小指位のポークビッツくらいの可愛らしい小さいサイズしかなかったとしても、勃起すると本当に驚くくらいの膨張率で大きくなる男性も中にはいます。

だからと言って、男性同士で比較する場面で自分一人だけ勃起している状態なのは、明らかに可笑しいでしょう。

そういう意味でも、通常時の陰茎が小さいことは損をしてしまうデメリットになりますので、お試しでペニス増大サプリを試しに使ってみるのも良いのではないでしょうか。

はっきり言って、メリットはスポーツなどをする際やタイトなジーンズを履くときに邪魔にならない程度で、比較すると圧倒的に得ではありません。

そして、間違いなく言えるのは通常時だけだったとしても比較して平均より小さいチンコだったり包茎だったりすると男性は影でも馬鹿にされたり、周囲に笑われてしまうのでコンプレックスにどうしてもなりやすいのです。

日本だけでなく世界共通で、それは年齢はいくつになっても起こり得る体験談なので、ずっとこの先も一生付きまとう問題であることは間違いないでしょう。

通常時の小さいチンコのせいで馬鹿にされる?

逆に女性は通常時の大きさは比較していない

上記の話とは逆に、女性は通常時の大きさは特に他の男性と比較することはありません。

はっきり言ってしまえば、普段はいくら小さい状態であったとしても性行為の時に大きければ、満足できれば良いのです。

しかし、勃起した状態で小さければ、当然ながら馬鹿にされてしまうこともあるでしょう。

更に昔の歴代の彼氏達とのランキングや格付けをされてしまうでしょう。

むしろ、ギャップが好きな女性は初めは小さかったとしても、触ったり、口でしたりするうちに、体験談みたいに驚くほどのすごい膨張率を見せることが本当にできたら、それはかなりの高ポイントになるのではないでしょうか。

自分でこんなに大きくなっているということを感じれればかなり女性としては嬉しいことになるようです。

男性同士とは反対に、勃起していない状態を女性に見せることは、ほとんどないのではないでしょうか?

そういった意味を踏まえると通常時のペニスの大きさに拘って比較しているのは男性だけの話と言うことになります。

特に同性相手にはどう思われても気にしないという考えやスタンスで維持できるのであるならば、特にシトルリンや亜鉛のペニス増大サプリメントも必要ないのではないでしょうか。

女性が比べるのは勃起時の大きさだけ!

ストップ

年齢を重ねるごとに通常時の大きさが重要に

女性との性行為以外にも男性は年齢を重ねるとともに通常時のペニスのサイズや見た目の大きさがかなり重要になります。

一番は、年下の同性に対するものです。

会社で地位を得たり、財産を築いたとしても男としての器の大きさはペニスで測られてしまうことが多くあります。

そのために、手術を受けたり真珠を入れたりするなど、ある程度の年齢になっても通常時のサイズの見られ方を意識している男性がいるのはそのためです。

裸の付き合いが一切ないのであれば、必要はないのかもしれませんが、社会的な成功者ほど、どれくらいのものを持っているのだろう?と先入観を持たれてしまっているのです。

逆に小さいと、何も悪いことではないのにがっかりされたり、残念がられたり、馬鹿にされてしまうケースが通常時でもあるのです。

そういう意味では同性の視線も気にしなくてはいけないのは中高年になっても変わらないと言うことです。

女性が比べるのは勃起時の大きさだけ!

男性社会では通常時のちんこの大きさだけで勝ち上がれる?

スーツ

男性社会では、勃起した時よりも通常時のチンコの大きさで全てが変わってくると言っても大袈裟ではありません。

マウンティングの物差しは、見た目がイケメンだったり、年収が高かったり、学歴があったりなどのいくつかの要素があります。

もちろんそれらは格付けをする上であるに越したことはありません。

しかし、最後にそういった要素を引っくり返すことができるジョーカー的なものになるのがチンコの大きさになり、それは通常時であることがほとんどですので小さすぎたり剥けていないと当然ながらチェックされます。

はっきり言ってしまえば、男性社会ではそれさえあれば上手く勝ち上がっていくことも不可能ではないのです。

学生時代の頃から、勉強もできない、運動もできない冴えない地味なモテない男が修学旅行などで、比べ物にならない程の大きさのチンコを披露した途端、悪い不良からも一目置かれていじめられなくなることもあります。

年齢を重ねて40代や50代になってからでも屈辱だったり悔しい敗北感はあり、やはり、男の器のものさしは陰茎のサイズが関わってくるのです。

逆に言ってしまえば、今まで努力をして積み上げてきたものが、一気に崩れてしまう程、意味があることなのです。

仮に男同士の裸の付き合いとなる社員研修旅行のゴルフやジムのサウナ、または会社のトイレなどで隣に並んだ時に、通常時の小さい性器を見られた時点で一気にマウンティングの格付けの上下関係が入れ替わってしまうくらいの事件となるでしょう。

いくら仕事はできても、年収を人一倍稼いでいて通常は尊敬されるような存在だったとしても、結局は最終的にチンコだけじゃなく人としても器が小さい人と言う評価になってしまい劣等感を抱えることになるのです。

実は50代や60代などのペニス増大サプリメントなんて飲む必要ないと思われる層が、こういった理由でかなり購入しているのです。

通常時だけ小さいとしても噓くさい言い訳にしか過ぎない

説明図

最終的には男の価値は金でも顔でもなくチンコで決まる?

スマホを操作

女性から見た男の価値は、経済力や学歴だけでなく顔や身長などいくつかの項目があります。

それを満たすことで、評価は当然ながらあがります。

もちろん、男性同士でもそういったお金やイケメンかどうかや身長やケンカの腕っぷしなど多少、女性とは異なるものの価値は優劣が付けられます。

年齢によってその男の価値観はどんどん変化します。

しかし、ずっと変わらずにあるのは、チンコの大きさや剥けているかどうかは重要な基準になってきます。

ずっとそれを隠し続けることができたとしても、心のどこかで男性はやはり、人と自分のペニスの通常時のサイズや皮が被っていないかなどをチェックしてしまっているのです。

もちろん、最低基準を満たしていなければ、男としての自信や余裕を持つことはないですし、どこかで劣等感を抱えたままになってしまいます。

確かにペニスの増大手術は費用も高く、簡単には受けれる物ではありません。

予想以上にお客様の層として多いのが、40代や50代になった男性がそれでも通常時のペニスのサイズを大きくするオペを受けにくるのは、やはり、立場上、自信と尊厳を維持するためには最終的に必要なことになってくるのかもしれません。

器がデカいという男性の価値は少なからず、大切な部分もかなり精神的にも肉体的にも起因しているのでしょう。

中高年になってもアソコが小さいのは恥ずかしい

このページの先頭へ