ゼファルリンを飲み過ぎると副作用で下痢になる?

人気のペニス増大サプリメントのゼファルリンを服用した副作用で下痢にならない可能性は低くありません。

頭痛や緑内障などと比較するとお腹を下してしまう確率は体験談でも多くあるということです。

これはゼファルリンというサイズアップのサプリに配合されているペニス増大の成分であるシトルリンやオルニチンなどが理由で下痢になる男性も口コミでは居るということです。

ですので、飲んだら確実にお腹を下したり何か体調が悪くなるというわけではありません。

これだけに限らずペニス増大サプリメントで下痢や嘔吐などは、体の中に成分を服用して入れる以上絶対にないとは簡単には言い切れないのです。

女性二人の画像



ゼファルリンの飲み過ぎて下痢や気持ち悪いのが止まらない

万が一、ゼファルリンというペニス増大サプリメントを飲み過ぎたことで下痢になってしまった場合はすぐに服用をストップしましょう。

また、それだけでなく体調の悪化や嘔吐だけでなく便秘や何か少しでも悪い作用が見られた時は飲むのをやめましょう。

口コミでゼファルリンに何か他のペニス増大サプリや栄養剤ドリンクなどと比較して特別な下痢になる成分が入っているわけではありません。

しかし、睡眠不足や併用している医薬品、または精神的なストレスなども関係してくる場合もあるのです。

どうしてもペニス増大をKSTジャパン社のゼファルリンで成功したいという男性も無理をして下痢になっては元も子もありません。

様子を見ながら自分に合う方法を体験談から見つけていきましょう。

下痢や便秘にゼファルリンの副作用でなる?

頭痛がゼファルリンを飲み過ぎたせいで治まらない

男性の中で既にED治療薬を飲んだ経験がある方が、その副作用による頭痛をペニス増大サプリメントのゼファルリンでもあると口コミや体験談で話をしているのかも知れません。

まず勘違いしてはいけないのは、この商品はけして医薬品ではないということです。

精力剤やペニス増大サプリメントのゼファルリンを、合わないと頭痛があるバイアグラなどの勃起薬と間違えて購入する方はかなり多くいます。

もちろん広告ページや公式サイトにも勃起力を謳っているのでそれは仕方がないのですが、全く別物で違うのです。

そういった点をもう一度理解してから服用するようにしましょう。

健康補助食品は例え飲み過ぎたとしてもほとんどの場合、尿として排出されますので頭痛の心配はほとんどないと言っても良いでしょう。

ゼファルリンの飲み方を守っていても頭痛がある?

もしかするとゼファルリンを飲み過ぎたせいで、ペニス増大サプリメントの副作用で頭痛が治まらない状態に男性がなることはほとんど考えられません。

しかし、人間の体ですから何が起きるかはわかりません。

仮にゼファルリンを毎回飲んだ後に同じような頭痛の症状が起きるのであれば、続けて飲むのを男性はやめるようにしましょう。

いくら頑張って続けていてもデカマラにもならず、本来そういった悪い副作用が起こり得ることがない健康補助食品のサプリで出ているのですから、そのような状態では陰茎の成長はすぐには望めません。

また、頭痛を堪えてまでKSTジャパンのゼファルリンを飲むことで、ペニス増大の効果は考えられません。

もしかすると既に何かの前兆かもしれませんので医師に相談したり健康診断を受けてみるなどイチモツのために、今から早めの行動をした方が良いでしょう。

ゼファルリンの副作用の他の影響で頭痛は考えられます

説明図

販売からの歴史はかなり長いゼファルリン

日本国内だけでなく海外でもかなりの数のペニス増大サプリメントが存在します。

その中でも、販売されてからの歴史がかなり長いのがゼファルリンでもう既に6年以上もネット通販で売れ続けています。

そういう意味では上記のような副作用の例はありますが、問題やトラブルがもっとあるのであれば販売が中止になっているはずなので安心できる商品の一つとも言えるのではないでしょうか。

また、それだけでなくKSTジャパンのゼファルリンは公式ページはずっと今のまま大きな変更点はありません。

少なからず成分やパッケージなどはどんどん新しくなっていますが、特に効果を誇張しているような表現は見当たりません。

ここまでの長い期間その状態で売れ続けているのは他の商品と比較してもゼファルリンだけだと言えるのではないでしょうか。

2011年から6年以上もヒットしているロングセラー

緑内障などの症状がゼファルリンで起きる可能性は?

まず、現状ではペニス増大サプリメントのゼファルリンを飲み過ぎた副作用で緑内障になる可能性は極めて低いと言えるでしょう。

しかし、元々、既にそのような症状を持っていた方が居るとすれば服用した時期と重なったことによってそのような口コミを投稿する事は考えられるかもしれません。

これに配合されている成分を全てを見てみても直接的に緑内障の原因となるものは含まれていません。

そもそも緑内障の禁忌薬の抗コリン剤の成分やストラテラなどはペニス増大サプリメントであるゼファルリンには配合されていませんので、その点は特に副作用を気にする必要性はないのではないでしょうか。

それでも、既に過去に病院や眼科で狭隅角緑内障もしくは閉塞隅角緑内障と診断されたことがある場合は、何が急性緑内障を引き起こす際のきっかけのポイントになるかはわかりませんので、あまり普段から服用しないものを口にすることはおすすめできません。

ゼファルリンはED治療薬ではないので緑内障の副作用はない

もしかすると、ペニス増大サプリメントのゼファルリンをバイアグラやレビトラ、シアリス等のジェネリックのED治療薬と同じだと勘違いしているような男性の体験談が、もしかすると緑内障の危険や副作用を述べているのかもしれません。

しかし、シルデナフィルやタダラフィルなどのPDE5阻害薬とは全く異なります。

あくまでペニス増大をサポートするためのKSTジャパンが販売するゼファルリンはサプリで健康補助食品ですので、シトルリンが勃起を促す即効性の効果は全くゼロです。

その代りED治療薬と併用しても特に大きな問題はありません。

また単体でゼファルリンを飲んでいる分には緑内障を気にする必要性はないでしょう。

しかし、緑内障はカフェインの過剰摂取や眼圧をあげてしまうような辛い刺激物などでも起きることがありますので、男性は注意するようにしましょう。

ペニス増大サプリメントゼファルリンで緑内障になる確率は低い

ストップ

インタビュー画像

女性の四人の写真

このページの先頭へ